(平成27年4月1日要綱第7号)
改正
平成31年4月29日要綱第15号
令和2年2月20日要綱第1号の2
令和3年3月31日要綱第5号の3
(通則)
(目的)
(対象事業)
(対象者)
(補助金の額、対象経費)
(補助金の交付申請)
(補助金の交付決定等)
(休止・廃止の届出)
(実績報告)
(概算払)
(補助金の請求及び支払い)
(事業内容の変更)
(事業完了届の提出)
(補助金額の確定及び交付)
(補助金の返還)
(書類の保管)
(報告及び調査)
(その他)
別表第1(第5条関係)
1.参加人数による補助費
 ●参加者は2名以上が必要です。65歳以下の人を含めても良い。
 ●65歳以上高齢者が参加人数による補助費の対象となります。
  (ア)1人~9人の65歳以上王令者の参加の場合は、1回500円
  (イ)10人~19人の65歳以上高齢者の参加の場合は、1回1,000円
  (ウ)20人以上の65歳以上高齢者の参加の場合は、1回1500円
項目内容
①需用費等衛生費、消耗品費、光熱水費、保険料、手数料、電話代等
②研修に必要な費用研修に必要な材料費、交通費、受講料等
③その他A講師謝金、ボランティアへの謝礼
①②及び「2.活動補助費」以外で町長が適当と認めるもの
 
2.活動補助費
項目内容
④備品購入費●1年間の上限は10万円
●破損又は5年以上経過しないと同じ項目の備品は購入できない
●百歳体操など体操に必要な備品、活動に使用する備品、健康管理に必要な備品、会場の環境整備に必要な備品、事務に必要な備品等
⑤会場小修繕費●5年間で上限20万円(令和3年度から令和7年度)
●工事を伴う会場の小修繕(高齢者の動作が簡易に行えるための修繕、高齢者の動作が安全に行えるための修繕、感染症対策・熱中症対策に必要な修繕等)
⑥報償費●1年間の上限は5万円
●講師一人当たり1回、5,000円
●ボランティアへの謝礼
⑦視察研修費●研修視察バス借り上げ金額の2分の1
●年1回まで
⑧使用料及び賃借料●会場使用料、機器借上・リース料
⑨その他B●上記以外で町長が適当と認めるもの
様式第1号(第6条関係)
様式第2号(第6条関係)
様式第3号(第6条関係)
様式第4号(第6条関係)
様式第5号(第7条関係)
様式第6号(第8条関係)
様式第7号(第9条関係)
様式第8号(第11条関係)
様式第9号(第12条関係)
様式第10号(第12条関係)
様式第11号(第13条関係)
様式第12号(第14条関係)