(平成25年12月27日条例第61号)
前文
 大田原市は、那須五峰からの豊かな伏流水に恵まれた栃木県内有数の日本酒の産地であり、また、市内で生産される日本酒(以下この条例において「大田原の地酒」という。)は、地域の伝統的な食文化に不可欠の魅力と役割を発揮しているところである。
 そこで、地酒の魅力を市民が身をもって押し広め、活力あふれる大田原市のまちづくりの推進に寄与することをめざし、本条例を制定するものである。
(目的)
(市の役割)
(事業者の役割)
(市民の協力)
(配慮)