(平成28年3月15日条例第7号)
(趣旨)
(手数料)
(手数料の納付時期)
(手数料の減免)
(手数料の不還付)
(過料)
(規則への委任)
別表(第2条関係)
手数料の名称 手数料を納付すべき事務 手数料の額
審査手続に係る書面又は書類の写しの交付手数料法第38条第1項の規定に基づき審理員(他の条例に特別の定めがある場合にあっては、当該条例で定める機関)が行う書面等写しの交付ア 日本工業規格A列3番(以下「A3」という。)以下の大きさの用紙に白黒で複写され、又は出力されたものの交付 交付する用紙1枚につき 20円
イ A3の大きさの用紙にカラーで複写され、又は出力されたものの交付 交付する用紙1枚につき 実費相当額
ウ 日本工業規格A列4番以下の大きさの用紙にカラーで複写され、又は出力されたものの交付 交付する用紙1枚につき 実費相当額
審理手続に係る電磁的記録に記録された事項を記載した書面の交付手数料法第38条第1項の規定に基づき審理員(他の条例の定めがある場合にあっては、当該条例で定める機関)が行う電磁的記録に記録された事項を記載した書面の交付
調査審議手続に係る主張書面又は資料の写しの交付手数料法第81条第3項において準用する法第78条第1項の規定に基づき国頭村行政不服審査会が行う主張書面等の写しの交付
調査審議手続に係る電磁的記録に記録された事項を記載した書面の交付手数料法第81条第3項において準用する法第78条第1項の規定に基づき国頭村行政不服審査会が行う電磁的記録に記録された事項を記載した書面の交付
備考 1 両面に複写され、又は出力された用紙にあっては、片面を1枚として手数料の額を算定する。
2 複写機による複写、又は出力する用紙については、原則として、A3以下のおおきさの用紙を用いることとし、これを超える大きさの規格の用紙を用いた場合については、A3の大きさの用紙を用いた場合の枚数に換算して写しの枚数を計算するものとする。