(平成18年3月5日条例第171号)
改正
平成21年3月31日条例第18号
平成22年12月21日条例第112号
平成31年3月22日条例第20号
令和2年12月22日条例第53号
(趣旨)
(流水占用料等の徴収)
(流水占用料等の減免)
(流水占用料等の不還付)
(委任)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
(経過措置)
附則別表第1(附則第3項関係)
読み替えられる字句読み替える字句
平成21年度平成22年度平成23年度
100分の6100分の5.25100分の5.5100分の5.75
100分の4100分の3.25100分の3.5100分の3.75
100分の75100分の56.25100分の62.5100分の68.75
100分の45100分の33.75100分の37.5100分の41.25
附則別表第2(附則第4項関係)
管の区分\年度区分平成21年度平成22年度平成23年度
外径0.1メートル未満のもの27円29円31円
外径が0.1メートル以上0.15メートル未満のもの32円39円46円
外径が0.15メートル以上0.2メートル未満のもの36円47円58円
外径が0.2メートル以上0.3メートル未満のもの44円63円82円
外径が0.3メートル以上のもの51円77円103円
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
別表第1(第2条関係)
区分単位単価摘要
発電用水揚水式発電所以外の発電所1(1) 昭和40年10月1日以降に発電(設備の点検のためにするものを除く。以下同じ。)を開始した発電所
(2) 昭和40年9月30日以前に発電を開始した後に設備の増設をし、同年10月1日以降に当該増設に係る設備又はその部分を使用して行う発電を開始した発電所(増設以後の理論水力についてこの項の規定により算出した額が、増設前の理論水力について2の項の規定により算出した額に満たないものを除く。) 
理論水力1キロワットにつき1年常時理論水力
1,976円

最大理論水力と常時理論水力との差 436円
流水占用料の額は、常時理論水力に当該単価を乗じて算出した額と最大理論水力と常時理論水力との差に当該単価を乗じて算出した額との合計額に100分の110を乗じて得た額とする。
21の項に掲げる発電所以外の発電所常時理論水力
1,976円

最大理論水力と常時理論水力との差 988円
揚水式発電所3(1) 昭和48年4月1日以降に発電を開始した発電所
(2) 昭和48年3月31日以前に発電を開始した後に設備の増設をし、同年4月1日以降に当該増設に係る設備又はその部分を使用して行う発電を開始した発電所(次に掲げるものを除く。)
ア 昭和40年9月30日以前において発電を開始した発電所で、増設以後の理論水力についてこの項の規定により算出した額が、増設前の理論水力について5の項の規定により算出した額に満たないもの
イ 昭和40年10月1日から昭和48年3月31日までの間において発電を開始した発電所で、増設以後の理論水力についてこの項の規定により算出した額が、増設前の理論水力について4の項の規定により算出した額に満たないもの
常時理論水力
1,976円

最大理論水力と常時理論水力との差 436円
流水占用料の額は、常時理論水力に当該単価を乗じて算出した額と最大理論水力と常時理論水力との差に当該単価を乗じて算出した額との合計額に各発電所ごとに市長が定める補正係数を乗じて算出した額に100分の110を乗じて得た額とする。
4昭和40年10月1日から昭和48年3月31日までの間において発電を開始した発電所(3の項の(2)に掲げるものを除く。)常時理論水力
1,976円

最大理論水力と常時理論水力との差 436円
53の項及び4の項に掲げる発電所以外の発電所常時理論水力
1,976円

最大理論水力と常時理論水力との差 988円
鉱工業用水毎秒0.1立方メートルにつき1年又は1使用期間415,800円鉱工業経営に必要な用水(汽かん冷却用水を除く。)
汽かん冷却用水78,100円 
農産物加工用水38,500円農業者が自家生産物を直接加工するために必要な用水に限る。
魚族養殖用水115,500円 
鉱泉用水1口につき1年類似の土地の価格(地方税法(昭和25年法律第226号)第349条に規定する固定資産課税台帳に登録された価格をいう。以下同じ。)に100分の6を乗じて得た額に100分の110を乗じて得た額土地占用料を徴収しない場合に限る。
その他の用水毎秒0.1立方メートルにつき1年又は1使用期間78,100円 
備考 
別表第2(第2条関係)
区分単位単価及び算出方法摘要
鉱泉地1口につき1年類似の土地の価格に100分の6を乗じて得た額(1月未満の占用にあっては、その額に100分の110を乗じて得た額) 
建造工作物敷地(外径が0.4メートル以上の管を埋設する場合の敷地を含む。)占用面積1平方メートルにつき1年近傍類似の土地の1平方メートル当たりの価格(地方税法第349条に規定する固定資産課税台帳に登録された価格をいい、以下「近傍価格」という。)に100分の6を乗じて得た額(1月未満の占用にあっては、その額に100分の110を乗じて得た額)(その額が20円に満たない場合にあっては、20円) 
農耕用敷地近傍類似の農地の1平方メートル当たりの借賃(農地法(昭和27年法律第229号)第52条の規定に基づき北見市第一農業委員会及び北見市第二農業委員会が情報の提供を行った借賃(その情報の提供がなかったときは、近隣の市町村の農業委員会が情報の提供を行った借賃)をいう。以下同じ。)を勘案して市長が定める額(1月未満の占用にあっては、その額に100分の110を乗じて得た額) 
採草及び放牧用敷地近傍の畑の用に供している土地の1平方メートル当たりの借賃を勘案して市長が定める額に100分の60を乗じて得た額(1月未満の占用にあっては、その額に100分の110を乗じて得た額) 
漁業及び養殖用水面1月以上の占用 20円
1月未満の占用 22円
 
係船その他に係る水面1月以上の占用 30円
1月未満の占用 33円
 
鉄道及び軌道敷地1月以上の占用 80円
1月未満の占用 88円
 
管(外形が0.4メートル未満のものに限る。)の埋設外径が0.07メートル未満のもの長さ1メートルにつき1年1月以上の占用 14円
1月未満の占用 15円40銭
 
外径が0.07メートル以上0.1メートル未満のもの1月以上の占用 20円
1月未満の占用 22円
 
外径が0.1メートル以上0.15メートル未満のもの1月以上の占用 30円
1月未満の占用 33円
 
外径が0.15メートル以上0.2メートル未満のもの1月以上の占用 41円
1月未満の占用 45円10銭
 
外径が0.2メートル以上0.3メートル未満のもの1月以上の占用 61円
1月未満の占用 67円10銭
 
外径が0.3メートル以上のもの1月以上の占用 81円
1月未満の占用 89円10銭
 
第1種電柱1本につき1年1月以上の占用 380円
1月未満の占用 418円
 
第2種電柱1月以上の占用 580円
1月未満の占用 638円
 
第3種電柱1月以上の占用 780円
1月未満の占用 858円
 
第1種電話柱1月以上の占用 340円
1月未満の占用 374円
 
第2種電話柱1月以上の占用 540円
1月未満の占用 594円
 
第3種電話柱1月以上の占用 740円
1月未満の占用 814円
 
その他の柱類1月以上の占用 34円
1月未満の占用 37円40銭
 
共架電線その他上空に設ける線類長さ1メートルにつき1年1月以上の占用 3円
1月未満の占用 3円30銭
 
鉄塔1基につき1年1月以上の占用 680円
1月未満の占用 748円
 
その他の敷地占用面積1平方メートルにつき1年近傍価格に100分の5を乗じて得た額(1月未満の占用にあっては、その額に100分の110を乗じて得た額)(その額が10円に満たない場合にあっては、10円) 
備考 
別表第3(第2条関係)
区分単位単価摘要
土砂1立方メートル143円客土用又は盛土用土砂で砂利の入らないもの
176円直径0.5センチメートル未満のもの
切込砂利直径0.5センチメートル以上8センチメートル未満のもので土砂交じりのもの
砂利直径0.5センチメートル以上8センチメートル未満のもので土砂を含まないもの
栗石直径8センチメートル以上15センチメートル未満のもの
玉石231円直径15センチメートル以上30センチメートル未満のもの
転石979円直径30センチメートル以上のもの
芝草1平方メートル55円 
竹木
木ぐい1束110円胴径30センチメートルで元口径4センチメートル以内、長さ1.2メートルのものを標準とする。
粗だ1束66円胴径30センチメートルで長さ3.5メートルのものを標準とする。
帯しょう1束
(25本)
110円1本につき元口径3センチメートル、長さ3.5メートルのものを標準とする。
その他竹木1立方メートル市長が定める額 
埋もれ木1立方メートル市長が定める額 
あし、かや、笹及び雑草100キログラム77円 
じゅん菜100キログラム市長が定める額 
その他の河川産出物 市長が定める額 
備考 算定して得た額が100円未満のものにあっては、100円とする。