(平成17年05月13日 桐生市条例第66号)
改正
平成18年3月27日条例第21号
平成19年9月27日条例第39号
平成21年3月26日条例第6号
平成24年6月29日条例第25号
平成24年12月26日条例第32号
平成25年12月26日条例第36号
平成29年3月24日条例第14号
令和元年6月28日条例第2号
令和元年9月25日条例第15号
桐生市下水道条例(昭和40年桐生市条例第19号)の全部を改正する。
目次
第1章 総則(第1条・第2条)
第2章 排水設備の設置等(第3条-第15条)
第3章 公共下水道の使用(第16条-第32条)
第4章 公共下水道の施設に関する構造及び維持管理の基準等(第33条-第38条)
第5章 雑則(第39条-第47条)
第6章 罰則(第48条-第50条)
附則

(趣旨)
〔平24条例32・一部改正〕
(用語の定義)
〔平24条例32・平29条例14・令元条例15・一部改正〕
(排水設備の新設等の基準)
排水人口
(単位人)
排水管の内径
(単位ミリメートル)
勾配
150未満100以上100分の2以上
150以上300未満125以上100分の1.7以上
300以上500未満150以上100分の1.5以上
500以上200以上100分の1.2以上
排水面積
(単位平方メートル)
排水管の内径
(単位ミリメートル)
勾配
200未満100以上100分の2以上
200以上400未満125以上100分の1.7以上
400以上600未満150以上100分の1.5以上
600以上1,500未満200以上100分の1.2以上
1,500以上250以上100分の1以上
〔平24条例32・一部改正〕
(排水設備等の計画の確認)
(下水道排水設備指定工事店の指定)
(指定の申請)
〔平21条例6・平24条例25・平24条例32・一部改正〕
(指定の基準)
〔令元条例15・一部改正〕
(責任技術者の専属等)
(責任技術者の資格)
〔平21条例6・平25条例36・平29条例14一部改正〕
(責任技術者認定試験)
(指定工事店証)
〔平24条例32・一部改正〕
(指定工事店の責務及び遵守事項)
〔平24条例32・平25条例36・一部改正〕
(変更等の届出)
〔平24条例32・一部改正〕
(指定の取消し又は一時停止)
〔平29条例14・一部改正〕
(排水設備等の工事の検査)
(除害施設の設置等)
(特定事業場からの汚水の排除の制限)
〔平24条例32・一部改正〕
(除害施設の設置等)
〔平18条例  ・一部改正〕
〔平24条例32・一部改正〕
(特定施設の設置等の届出)
(除害施設の設置等の届出)
(除害施設による下水の処理方法)
(水質管理責任者制度)
(水質の測定)
(除害施設の設置者からの報告の徴収等)
(下水の排除の停止又は制限)
(し尿排除の制限)
(使用開始等の届出)
〔平24条例32・一部改正〕
(悪質下水の排除等の届出)
(使用料の徴収)
〔平24条例32・平29条例14・一部改正〕
(使用料の算定方法)
区分基本使用料
(1か月につき)
従量使用料
(1立方メートルにつき)
汚水量使用料汚水量使用料
水道汚水水道使用水量
10立方メートルまで
1,000円10立方メートルを超えるもの150円
手くみ井戸汚水1世帯3人まで30円1人増すごとに5円
その他の汚水10立方メートルまで1,000円10立方メートルを超えるもの150円
〔平25条例36・平29条例14・平29条例14・令元条例2・一部改正〕
(使用料の減免)
(資料の提出)
〔平24条例32・章追加〕
(公共下水道の構造の基準)
〔平24条例32・追加〕
(排水施設及び処理施設に共通する構造の基準)
〔平24条例32・追加〕
(排水施設の構造の基準)
〔平24条例32・追加〕
(処理施設の構造の基準)
〔平24条例32・追加〕
(適用除外)
〔平24条例32・追加〕
(終末処理場の維持管理)
〔平24条例32・追加、令元条例15・一部改正〕
〔平24条例32・旧4章繰下げ〕
(改善命令)
〔平24条例32・一部改正〕
(行為の許可)
(許可を要しない軽微な変更)
〔平24条例32・一部改正〕
(占用の許可)
〔平24条例32・一部改正〕
(権利の譲渡等の禁止)
(占用の期間)
(占用料)
〔平19条例39・平24条例32・一部改正〕
(原状回復)
〔平24条例32・一部改正〕
(委任)
〔平24条例32・旧5章繰下げ〕
(過料)
〔平24条例32・平29条例14・一部改正〕
(施行期日)
(新里村の編入に伴う経過措置)
(施行期日等)
(経過措置)
(施行期日)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
3 この条例の施行日前から継続して供給している上下水道及び排水処理施設(以下「上下水道等」という。)の使用で、この条例の施行日から平成26年4月30日までの間に使用料及び料金(以下「使用料等」という。)の支払を受ける権利の確定されるものに係る使用料等(この条例の施行日以後初めて使用料等の支払を受ける権利の確定される日が同月30日後である上下水道等の使用にあっては、当該確定されたもののうち、この条例の施行日以後初めて支払を受ける権利が確定される使用料等を前回確定日(その直前の使用料等の支払を受ける権利が確定した日をいう。以下この項において同じ。)からこの条例の施行日以後初めて使用料等の支払を受ける権利が確定される日までの期間の月数で除し、これに前回確定日から同月30日までの期間の月数を乗じて計算した金額に係る部分に対応する部分に限る。)については、改正後の桐生市簡易水道事業の設置等に関する条例の規定、改正後の桐生市下水道条例の規定、改正後の桐生市小規模汚水処理場設置条例の規定、改正後の桐生市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の規定及び改正後の桐生市水道事業給水条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)