(平成20年3月26日条例第14号)
改正
平成22年3月19日条例第10号
目次
第1章 総則(第1条-第7条)
第2章 基本的施策(第8条-第15条)
第3章 具体的な施策
第1節 美しい自然環境づくり(第16条-第19条)
第2節 清潔な生活環境づくり(第20条-第25条)
第3節 かけがえのない地球環境への貢献(第26条-第28条)
第4章 美唄市環境審議会(第29条-第31条)
第5章 補則(第32条)
附則

わたしたちの生活は、生産性の向上や利便性の追求の結果、飛躍的に豊かになる反面、大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会経済活動や生活様式を生み、ひいては地球温暖化やオゾン層の破壊など、地球規模の問題を引き起こしています。
 美唄市の緑豊かな美しい自然環境は、四季折々の変化に富み、わたしたち市民の貴重な財産です。わたしたちは、健康で文化的な生活を営む上で必要とする健全で良好な環境の確保と環境美化を促進し、この美しい自然環境を次世代へ継承する役割があります。
 このため、わたしたちは、それぞれの役割を自覚し、協働により環境の保全及び創出に取り組み、環境への負荷の少ない循環型社会を目指し、ここに「美しきまちづくり条例」を制定します。
(目的)
(定義)
(基本理念)
(市民の役割)
(滞在者及び通過者の協力)
(事業者の役割)
(市の役割)
(施策の策定等に係る方針)
(環境基本計画)
(環境教育の充実等)
(参画機会の確保)
(情報の収集及び提供)
(広域的連携)
(美しきまちづくり推進月間)
(年次報告)
(自然環境の保全)
(環境の保全に関する施設の整備その他の事業の推進)
(事業者の配慮義務)
(生物の生息が可能な環境の保全と創出)
(廃棄物の減量化及び適正処理の推進)
(廃棄物の自己処理の責務)
(土地所有者等の責務)
(ごみ集積場所の清潔の保持等)
(公害の防止)
(公共の場所の清潔保持)
(地球環境保全への貢献)
(市の環境の管理への率先的な取組み)
(緑化の推進)
(環境審議会)
(委員の任期)
(規則への委任)
(立入調査等)
(施行期日)
(美唄市特別職の非常勤職員に関する報酬及び費用弁償条例の一部改正)