(平成12年3月28日規則第10号)
改正
平成17年9月30日規則第29号
平成27年4月1日規則第15号の3
(趣旨)
(利用者負担等の調定)
(利用者負担等の納入の通知)
(実費に相当する費用の額)
別表(第4条関係)
サービスの種類実費に相当する費用の種類利用者負担段階費用の額
条例第2条第1号に規定する短期入所生活介護食事の提供に要する費用第1段階300円/日
第2段階390円/日
第3段階650円/日
第4段階~1,380円/日
滞在に要する費用第1段階0円/日
第2段階370円/日
第3段階370円/日
第4段階~840円/日
指定短期入所生活介護において提供される便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものに係る費用及びその他の費用で、その利用者に負担させることが適当と認められる費用実費に応じて市長が徴収する額
条例第2条第2号に規定する介護老人福祉施設における介護福祉施設サービス食事の提供に要する費用
(旧措置入所者のうち平成17年9月30日において施設介護サービス費の利用者負担割合が5%以下の者以外の者における利用者負担の取り扱いは、一般の入所者と同様の算定方法とし、低所得者については一般の低所得者対策による負担軽減を行う。)
第1段階300円/日
ただし、旧措置入所者のうち平成17年9月30日において施設介護サービス費の利用者負担割合が5%以下の者であって、介護保険法の施行の際現に介護保険法施行法第20条の規定による改正前の老人福祉法第28条第1項の規定により費用を徴収されている者であって徴収されている費用の1日当たりの額(その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとする。)が300円未満であるものにあっては、当該額
第2段階390円/日
第3段階650円/日
第4段階~1,380円/日
居住に要する費用
(旧措置入所者のうち平成17年9月30日において施設介護サービス費の利用者負担割合が5%以下の者以外の者における利用者負担の取り扱いは、一般の入所者と同様の算定方法とし、低所得者については一般の低所得者対策による負担軽減を行う。)
第1段階0円/日
第2段階370円/日
第3段階370円/日
第4段階~840円/日
指定介護福祉施設サービスにおいて提供される便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものに係る費用及びその他の費用で、その利用者に負担させることが適当と認められる費用実費に応じて市長が徴収する額
備考 
利用者負担段階
 第1段階 市町村民税世帯非課税の老人福祉年金受給者又は生活保護受給者
 第2段階 市町村民税世帯非課税であって、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の者
 第3段階 市町村民税世帯非課税であって、利用者負担第2段階以外の者(課税年金収入が80万円以上266万円未満の者)
 第4段階 上記以外の者